HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>日常

続・今日は何もない素晴らしい1日だった

今日は体育大会の練習で全男、全女が始まった
俺はもちで騎馬の前だが上がボーカルさんww
背が高いため結構重いw
後ろ2人は生徒会シリーズの1人とN田君
俺は白なんだが大将騎馬は学年の身長、最高峰を誇るNo.1とNo.2で構成ww
とても高かったw
そんな訳で練習に
騎馬は以外にてがよく滑るw
3年は最後に攻めるがなんせ練習だから騎馬を組む時間が10秒程度ww
組める訳ないw
そのために出遅れたためすぐに攻められたww
来たのは3次元ロリコンのA君ww
上はSくんですぐに突っ込まれたw
ボーカルの奮闘の末とったが相手は知ってのとおり諦めが悪いので帽子を取られてからボーカルの帽子をとりおったww
俺らは敗者席へ向かおうとしたがMr.J(2代目僕らの太陽)が「大丈夫。あれは取られたことにならんぞ。」とww
そこで騎馬を組みなおしたところでおわったww
2回目は帽子取りw
これも騎馬戦同様で1年から俺らの口からまず出た言葉
「白遅っ!!」
ほんとに遅かったwwwwwww
30秒でほぼ半分が消滅w
俺はあしを攣りかけたとこで取られたw
元キャプは「疲れたから自分で取った」とww
俺は今も脚が痛いんだよォォォォォォォ!

この記事のトラックバックURL

http://vajrar126.blog123.fc2.com/tb.php/20-1872f81b

コメント

騎馬戦・・・だと?
悲惨な記憶しかないです。
俺の騎馬にはほぅえんと言う名の最終兵器が存在する・・w
でも前やらせようとしたら「立ち上がれねw」
・・・・。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。